テクニカルマスター3

  • HOME »
  • テクニカルマスター3

テクニカルマスター3

羽田ジャークの1つ『ハエ叩きジャーク』=スラップジャークの続きです。

ペンシルのようにラインの張り(テンション)を
意図的に抜く事でジグが泳ぐ事はイメージ出来ましたか?

『ジギングは○○だから』と言う固定概念を
崩していきましょう??????

ロッドを下から上に力強く持ち上げるのではなく??

羽田スタイルはロッドの上げはゆっくりで、

リールを巻きながらロッドを下から上にゆっくり持ち上げて(巻く量は次回に詳しく??)

上げる時には、下げた時の反動で跳ね返ってくる力を利用する事で、
ほとんど力は使っていません。下げる時のみ入力(力を入れて)下さい。

ロッドを下げは速く。(素早く降り下ろす。)
『ハエ叩きをイメージして下さい。』

降り下ろした際のフリーフォールの間隔は
長くても良し、短くても良しここが皆さんの個性の見せ所です。

黒羽流では、「はえ叩き」のように!をイメージして下さいね??
強制的にラインスラッグを作ってラインのテンションを抜く事でジグ自ら自走させてあげましょう??

その時の一コマ。
操作方法と解説の手本です(笑) 多分声は聞き取れないかな?
(おまけ)
途中、魚のバイトの瞬間も??
魚が喰っても合わせず、解説して居たのでハリも掛からずお帰り頂きました(笑)

是非、お試し下さい。

テクニカルマスター リンク

テクニカルマスター
テクニカルマスター1
テクニカルマスター2
テクニカルマスター3
テクニカルマスター4
テクニカルマスター5
テクニカルマスター6
テクニカルマスター7
メンバー紹介

HADACRAFT

LINE

更新をメールで通知

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © Hada - kobo All Rights Reserved.
Translate »
PAGE TOP